女性特有の髪の悩みには女性専用育毛剤を!人気ランキングまとめ

 

女性育毛剤人気ランキングは。。。

 

髪は女性にとってお肌と同じくらい年を取るにつれて深刻な悩みですよね。

 

最近どうも老けて見える気がする・・・薄毛だけでなく髪質やボリュームで女性の見た目は変わりますよね。

 

そんな、あなたに。。。

 

年齢のせい?女性の髪の悩み

 

・髪のボリュームがなくなった
・ハリやコシがなくなった
・分け目の薄毛が目立つようになった

 

でも実は髪の悩みは20代、30代、40代、50代の年齢ではなく、毛髪環境の悪化によって起こっているトラブルなのです。

 

美しくハリがあり、ボリュームがのある女性らしい髪を取り戻したい!

 

女性専用育毛剤は、薄毛はもちろん女性特有の髪の悩みに特化した育毛剤です。


 

女性用育毛剤 当サイト売れ筋人気ランキング

ベルタ育毛剤【完全女性専用の育毛美容液】

30日間の全額返金保証付き!

定期便購入で、
初回特別価格50%OFF 3,980円!

(※3回継続が必要です)

 

業界最大級!99.9%の育毛・頭皮ケア成分56種類!
育毛・養毛・薄毛・脱毛の予防やかゆみ、ふけなどに効果があります。
98%と驚きの実感率!無添加・無香料の低刺激なので安心です。

 

\商品ボトルがリニューアル/
より握りやすい湾曲の形状となり、頭皮の広範囲に塗りやすくなりました。


 

 

 

女性専用の無添加育毛剤「マイナチュレ」

2014年モンドセレクション金賞・銀賞受賞!!

定期コース購入で、
初回特別価格82%OFF 980円!

(※6回継続が必要です)

 

テレビや雑誌などでも多数紹介されている、女性向け無添加薬用育毛剤。
植物成分生薬アミノ酸は計41種配合、化学成分を使用していない無添加で頭皮に優しいです。
90日間返金保証があるので安心して試してみることができます。


 

薬用 花蘭咲(からんさ)

主成分「エビネ欄」をはじめとする高配合の天然植物エキスがじんわり。

とくとく便で初回限定65%OFFの2,400円!
(※いつでも変更中止が可能です)

 

育毛に理想的な10種の植物エキスをたっぷり配合。ふんわり・ハリコシ髪にボリュームを。96%が認めた満足感!
テレビでも多数放送されており、雑誌や新聞でも多数紹介!今注目の女性用育毛剤です!
毎日安心して利用できるよう、香料や合成界面活性剤など余分な成分は使用してないので、安心して使えます。

 


 

 

ミューノアージュ

女性の薄毛・抜け毛にクリニック発想の新・育毛剤誕生!

初回限定で1,980円!

 

頭皮の土台を整えることで発毛促進。皮膚科発想ならではの根本育毛ケア!ミューノアージュは女性ならではの薄毛の問題を研究し、生える力に着目しました。初回限定2週間お試しキットでまずは2週間スタート!

 


 

 

男性とは違う、女性特有の薄毛・抜け毛の原因

男性の脱毛と女性の脱毛は少しメカニズムが違います。
頭皮環境

頭皮の乾燥や紫外線による頭皮ダメージ、毛染め、パーマなどで血行不良になりがちです。

女性ホルモンの減少

閉経・出産や過度のダイエット、睡眠不足などによります。
女性の抜け毛・薄毛で唯一年齢が関係しています。

日常のケア

シャンプーのしすぎや間違ったヘアケア化学成分など、女性は男性よりも頻繁に使用するため特に頭皮のダメージが大きいのです。

このように女性と男性では原因が違います。つまり、男性用育毛剤を使用しても効果がないことがほとんどです。

 

女性には女性用の育毛剤を使用することをオススメします。

 

女性の抜け毛には生活習慣が大きく関わっていますので、髪が抜けかわる「ヘアサイクル」を正常に戻すよう心がけましょう。

 

女性の薄毛にはどんな種類がある?

女性の薄毛の原因がひとつではないように、種類も色々あります。
薄毛の種類によって、それに合った薄毛対策を行う必要があります。

 

瀰漫(びまん)性脱毛症

頭皮全体が均等に脱毛してしまい、全体的に毛が薄くなってしまう症状
中年以降でよく見られる症状で、ストレスや老化が原因のことも。
また、1日に何度もシャンプーをしたり、頭皮を傷つけるようなブラッシングなどが原因になっていることもあります。

 

分娩後脱毛症

産後の薄毛が目立つ時はこの脱毛症の可能性が高いです。
妊娠中に女性ホルモンの働きが増加したため、ヘアサイクルが一時的に変化するために起こります。
ホルモンバランスの崩れが原因なので、たいてい出産後6ヶ月〜1年程度で自然に回復してきます。
しかし、高齢出産等の場合は自然に回復することができず、そのままになってしまうこともあります。

 

牽引性脱毛

ポニーテールなど長年同じ髪型を維持している人が、毛髪を引っ張ることで起きてしまう脱毛。
女性特有の脱毛症と言われることが多いです。

 

女子男性型脱毛症

加齢によって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を多く受けるようになることで脱毛してしまう。
頭皮の問題ではなく、毛根そのものの機能が低下するため、発毛が難しくなる。

 

女性特有の脱毛の種類は特に上の4つの種類が多いです。
特に、分娩後脱毛症や牽引性脱毛は一時的な問題であることが多いので発毛・育毛が期待できます。

 

逆に女性ホルモンの低下が原因の抜け毛や、女性特有ではない、脂漏性脱毛症ひこう性脱毛症など、頭皮や毛穴の以上による脱毛症は根気のよい対策が必要です。

 

脱毛にはそれぞれの特性がありますので、発毛対策はしっかり原因を探ってから行う必要があります。

 

産後の抜け毛はいつまで続く?

女性特有の脱毛のひとつに、分娩後脱毛症があります。
これは、産後の一時的な抜け毛なので、自然回復する可能性が非常に高い症状です。

 

とはいえ、いつまでたっても発毛する気配がなく、心配な方もいると思います。
一般的には、産後6ヶ月〜1年程度で回復すると言われていますので、長い目で見る必要がありますね。

 

け毛のピークは、3ヶ月から半年ほど。
中にはあまりにも大量に抜けるため、二度と戻らないんじゃないのかと不安になる方もいると思います。
しかし、1年くらい立てば自然と抜け毛も収まり、新しい髪の毛が生えてきますのであまり神経質にならないほうがいいかもしれないですね。

 

産後の抜け毛は、女性ホルモンのバランスが崩れているため起こります。
出産が終わり、女性ホルモンのバランスが戻ってくれば自然と抜け毛も収まり発毛してきます。
心配だとは思いますが、1年くらいはかかるものだ、と大きくかまえて、あまり神経質にならないようにしましょうね。

 

髪はストレスの影響を受けやすくもあります。
産後の脱毛症だったのに、円形脱毛症などになってしまってはそれこそ自然回復が難しくなってしまいます。
また、産後は赤ちゃんの世話などでストレスをためやすい環境でもありますので、少しでも髪にいい環境でいられるよう、のんびりとした時間を持つようにしましょう。

 

女性の薄毛対策はコレ!

女性の薄毛の原因の多くは女性ホルモンの減少や乱れ。
髪は、基本的に女性ホルモンの働きによって支えられています。
加齢によって女性ホルモンが減少することで、抜け毛が目立ってきます。
そこで、女性の薄毛対策は生活習慣の改善が重要です。

 

食生活の見直し

忙しい女性は特に気をつけてほしいのが食生活
バランスの取れた食生活を送ることで、頭皮や毛髪の環境を整え、女性ホルモンの乱れも整えることができます。
また、食事以外にもサプリメントなどで頭皮や毛髪にいいと成分を効率的に摂取することも薄毛対策になりますね。

 

睡眠をしっかりとる

寝不足はお肌の的!といいますが、これは頭皮や髪にも言えること。
睡眠不足が原因で髪にコシやツヤがなくなってしまうこともあります。
加齢で女性ホルモンが減少している方や、ストレスなどで抜け毛が気になる方は、しっかり睡眠をとることから始めましょう。

 

シャンプーを見直す

そのシャンプーは自分の髪に合っていますか?
シャンプーのニオイや種類によっては、頭皮にダメージを与えている場合もあります。
また、脂漏性脱毛症などの場合は頭皮や毛穴に細菌が繁殖して起こっている脱毛なので、シャンプーを変えると状態が劇的に良くなるということもあります。
今のシャンプーを使っていて、頭皮がベタついたり、フケが多かったりする場合はシャンプーを見直してみる必要があるかもしれません。

 

また、必要以上に回数のおおいシャンプーも、頭皮にずっとシャンプーやコンディショナーが残ってしまい、脱毛の原因になっていることもありますので、髪を洗う回数を減らしてみるようにしましょう。

 

育毛剤・発毛剤の見直し

最後に、今使用している育毛剤や発毛剤は女性用ですか?
また、あなたの今の脱毛の症状にあった育毛剤や発毛剤を使用していますか?

 

もう一度、抜け毛の種類や原因を見直してみて、今使用している育毛剤の効果や効能を確認してみましょう。
全く誤った対策をしてしまうと頭皮の状態が悪化してしまいます。
また、育毛剤は男性用を使用せずに女性用を使用するようにしましょう。

 

女性の育毛・発毛には女性用発毛剤を使いましょう

女性の育毛には、女性用の育毛剤を使用することを強くオススメします。
何も知らずに男性用の育毛剤を今使っている女性がいたら、すぐに女性用の育毛剤に変更しましょう。
なぜ女性用の育毛剤をお勧めするかというと、女性と男性では脱毛のメカニズムに大きな違いがあるからです。

 

例えば男性は、頭頂部や額の生え際など局所的な薄毛が多いのが特徴です。
しかし、女性の場合は全体的に毛が薄毛になることが多く、その理由は女性ホルモンの影響を受けることが主な原因と言われているからなんですね。

 

このようにメカニズムが違うため、同じ育毛剤を使っても効果が見込めないどころか、かえって悪化させてしまうこともあります。
今もし男性用の育毛剤を使用している人がいたら、一旦使用を中止した方がいいと思います。

 

ヘアケアに原因がある場合も?

もう一つ、男性との違いといえばヘアケアの方法ですよね。
女性はスプレーを使ったり、ムースなどを使うことが多いと思います。
そういったヘアケア製品が頭皮や毛穴に悪影響を与えていることもあります。

 

また、過剰なシャンプーや、カラーリングの回数が多かったりと、男性に比べて物理的なダメージを与えることが多いのも女性の特徴。
いつも同じ髪型で、後ろで束ねていたりする方は、その部分が引っ張られることで局部的な薄毛になっている可能性もあります。
育毛剤・発毛剤を使用しながら、例えばシャンプーを減らしたり、ポニーテールを辞めてみたり、スプレーをしない日を作ってみたりと、少し頭皮や毛根を休めてあげる時間を作ってみてください。
物理的なダメージを減らすことで、抜け毛が減ることもありますので試してみてくださいね。